大腸がん患者・家族の集い『和=WA』

大腸がん患者会、ないの!?

知っていますか? 大腸がんの患者会がないことを。
罹患数の多い大腸がん。、、、、でもない、なぜ?
(男女合計ではもっとも多い、女性ではトップ)

それは、お尻に関わる「がん」だから、、、と、僕は思う。

恥ずかしさもあり、あまり公言できない、したくないという理由から共有できる場も少ないのかもしれない。そして、排泄に関わり人に言えないことも多い。それが大腸がん。

大腸がんは術後の生活スタイルが変わる。

大腸がんは術後の生活スタイルが大きく変わる場合がある。僕は食生活、トイレ習慣が大きく変化した。中でもトイレ習慣の変化には悩ましい毎日であった。そして、このように考えたこともある。

「俺の体、こんな状況、、、みんなそうなの?、、俺だけ?」

術後の数年間は体の変化に慣れることに力を注ぐ毎日。

体との付き合い方・生活スタイル等々、、、、

以前とは異なる自分の体と向き合い、生活スタイルを変えていく。しかし、それを人には言えず、理解しもらうことも難しく、全く悩みのない振りをする自分を演じ続けている。

そして、大腸がんを経験した人しかわかない共通する苦悩ではないだろうか、、、と思うようになったのです。

そんな思いから、大腸がん患者・家族の集いを発足をすることを考えました。医学の立ち位置ではなく、僕たちの暮らしの立場からの視点、そして体との付き合い方・生活スタイル等々の情報共有。今、あなたが悩んでいることが少しでも解消し、気持ちが楽になれれば嬉しい。

大腸がん患者・家族の集い「和=WA」 は発足したばかり。早くあなたと、そして多くの方たちと繋がり「輪」ができることを、日々わくわくと待ち望んでいます。
 

 
大腸がん患者・家族の集い「和=WA」運営委員会
委員長:野城いくろう
企画長:YUU

連絡先:kirin_circle■blue-ribbon.net(■を@に変換ください)

タイトルとURLをコピーしました