僕とがん

僕とがん

がん再発。告知直後の心境

「再発」がんを患った人にとって、もっとも聞きたくない言葉だろう。それは僕も同じ。5年生存にこだわったことはなかったが、何事もなく過ごしてきた僕にとって大きな言葉となった。何か重たいものを背負いズンと沈み込んでいくような気分であった。
がんと日常

大腸がん手術 8年目に思うこと。

初めての手術。この時に思ったことは、、、術後は笑顔で戻ってやる!! だった。しかし、それは意気込みだけで終わった。8年目の記憶から僕は思う。「ストレッチャーから見つめる病院の天井はもう見たくない。」
僕とがん

僕とがん

2019年10月現在。 2011年09月 直腸がん肝臓転移 ステージ4と判明2011年11月 直腸がん患部切除手術2011年12月 抗がん治療(オキサリプラチン)第6クール2012年05月 肝臓転移部切除2012年06月 経過観察スタート...
僕とがん

がん告知|僕はツイていた?

僕のがん告知は、どさくさ紛れであった。ずぅ~と「がん」ではないかと疑いながらの突然の脳梗塞。そんな状況でもあったので「やっぱりね」というような、あまり感情の変化がなかったのかもしれない。
僕とがん

大腸がん。事実を知ることへの恐怖。僕の失敗

事実を知ること、これには勇気が必要。僕は「がん」という事実を受け入れるのが怖く大きな失敗をしてしまった。がんは早期発見という言われ、がん検診も一般的になっているのかもしれない。しかし、それには「事実を受け入れる勇気」が必要なのかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました