而今(ジコン)って言葉。知ってる?

大腸がん感想文

あなたは、而今(じこん)という言葉をしってるかなぁ。
三重県の地酒で「而今」として有名。でも、お酒の話ではないよ。
今日は「而今」という言葉をあなたにシェアしたいと思う。

而今とは、

仏教の世界観で「今、自分が生きているこの一瞬」を大切にせよというような意味。
まだ、さきの見えない未来に不安を抱くことや、上手くいかない時、自分の過去を悔やむこと、また、他人のせいであると責任転嫁する。
しかし、見えない未来に不安を抱いても、また過去の悔やみや他人を恨んでも何も変わらない。
ならば、「自分が存在する、今、この時」に集中し、懸命に取り組むこと。これが人生において大切であり、ダメだと感じている時、好転させる唯一の方法としている。

こんな、意味のようだ

僕ががんを患ったことで感じた、感慨深い言葉でもある。
僕の記憶では、健康な時こそほど、未来に不安を抱いたり、他人のせいにしたり、過去を悔んだりすることが多かったように思える。健康だからこそ、体に不安がないから、余計なことを考えてしまうのかもしれない。健康を害することでわかることもあるが、健康な時にこそ、深く感じたいものである。

ちなみに三重県の地酒「而今」辛口で食事にとてもあうお酒らしい。
以前は、日本酒が好きでよく飲んでいたけど、、、病気を患ってから、ほとんどお酒を口にしなくなった。今では、「酒場放浪記」「ワカコ酒」などのTVがひとつの楽しみとなってしまった。
昔からたくさんは飲めないけど、たまにはほろ酔い気分になるのもいいよね。

 

あなたは、どうですか、お酒。

 

 
それでは、
-イクロウ

コメント

タイトルとURLをコピーしました