定期健診

がんと日常

【55歳大腸がん感想文】3か月ごとの定期健診で思うこと。

検診結果を聞くまでのモヤモヤした気持ちが「変わりない」という先生の言葉によって、瞬く間に晴れ晴れとした気持ちに変わる。そして『次の検診まで、また頑張れる』とやる気モードのスイッチが入る。 のほほんとした僕への神様からの啓示なのかもしれない。
がんと日常

【大腸がん定期健診】がん患者の気持ち

がん治療後、どことなく体の変調を感じることがある。 少しお腹の当たりがチクチクと痛みがある、足がだるく少し痛みを感じる等々、、、2018年再発治療を受けてからより体の変調を感じるように思う。 その変調の原因はがんが影響しているんではないかと考えてしまう。
がんと日常

だいぶ「らく」になった、CT検査

がん再発後の定期健診は3か月のスパン。2019年CT検査への準備が少なくなり、劇的にCT検査に掛る時間が短縮された。それは検査前の造影剤の服用が無くなったためである。長い時間拘束されず、造影剤をたくさん服用することもない。患者への負担が大きく軽減された。
タイトルとURLをコピーしました