生活

がんと日常

Goog!『いい出来事、いい言葉、いい出会い』 まだまだ頑張れる!

「大腸がん」僕の日常、畑づくり 我が家は区画整理により中途半端といえる土地がある。綺麗な土であれば植物を植えることもできるが、ガラと粘土質で利用できる土ではない。ゆえに何かをしようと考えると適度な深さまで掘る必要がある。 土地...
がんと日常

【55歳の大腸がん感想文】直腸がん肛門温存)腸と仲良くする、僕の3つの方法!

僕は9年前、直腸がん手術で肛門括約筋機能を温存する手術を受けた。永久ストーマでない方法になる。今回は肛門温存による僕の体の状態をお話したいと思う。これは僕のケースになり全ての人に当てはまるものでない。しかし、同じような状況である人はこれからの話に共感して頂けると思う。
がんと日常

【55歳大腸がん感想文】家族ががんに罹った時の接し方。

夫、妻が家族ががんに罹患したら、どんな接し方をしたらいいのか。これって意外と難しいんじゃないかな『家族ががんに罹った時の接し方』僕の家族例に、あなたと一緒に考えてみたい。
がんと日常

【55歳大腸がん感想文】「がんと付き合う」がんと言葉の関係

「がんによって生きる希望を失うのでななく、言葉によって生きる希望を失う」ように思う。「がん」に関する情報や言葉からなるべく離れる。これもがんと付き合う上で大切に思う。
がんと日常

新たなる脅威

がん患者にとってはコロナウィルスは脅威になる。僕も感染すれば重症患者になるのかもしれない。 そして、人間の歴史上、新たな病は大きな犠牲を伴い乗り切っている。今回も同じなのかもしれない。 がんも同じ。多くの人ががんと向き合ってきたからこそ、...
がんと日常

がんとポジティブシンキング

あなたは、こんなことはないだろうか?なんだか、よくわかないけど気分が落ち込んでいくこと。 僕はたまにある。 こんな時、あなたはどうしている?こんな時、僕どうしているのか、これをあなたにシェアしたいと思う。 ホントの意味でのポジティブ...
がんと仕事

がんでもハツラツWORK。

がん治療終了から7年。再発からは1年が経過した。治療前とは、比べることができないほどの体の変化があり、慣れるまで1年程要したと思う。 そして、以前のように仕事はできない。でも、今の体に適したスタイルで仕事ができればよいと割り切ることにした。
僕とがん

大腸がん。事実を知ることへの恐怖。僕の失敗

事実を知ること、これには勇気が必要。僕は「がん」という事実を受け入れるのが怖く大きな失敗をしてしまった。がんは早期発見という言われ、がん検診も一般的になっているのかもしれない。しかし、それには「事実を受け入れる勇気」が必要なのかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました