大腸がん手術 8年目に思うこと。

がんと日常

8年前の10月28日、僕は直腸がん手術を行った。
この時僕は、入院中暇であったので絵日記を書いてた。
あの時の記録、絵日記を紹介したいと思う。

初めての手術。
狭いストレッチャーに転がり、病院の天井を見つめ、手術室に入る。

この時に思ったことは、、、

笑顔で戻ってやる!!

だった。
しかし、それは意気込みだけで終わった。
あの時の緊張感、もう忘れてしまっている。

そして、8年目の記憶から僕は思う。

ストレッチャーから見つめる病院の天井、もう見たくない。

  

writing:イクロウ

コメント

タイトルとURLをコピーしました